書籍紹介

カラー図説 実験小動物の病気と病原体の検査法
本書「カラー図説 実験小動物の病気と病原体の検査法」は、マウス・ラット・モルモット・ウサギを中心に、病原体(細菌・ウイルス・寄生虫)及び形成される病変を記載し、各病原体の検査法を図説によりその手順を紹介し、同時に病変を絡め具体的に解説したものである。検査病原体の基準は、各種実験動物の汚染状況、感染に関して動物に与える被害の程度、動物実験に及ぼす影響などについて、著者が長年経験した感染病を考慮し策定した。更に、各病原体の免疫用抗原の作制と免疫方法、細菌の同定方法、汚染時の消毒方法、等も記載した。(本書「序」より抜粋)

斎藤学先生の本 バイオセイフティー本

  カラー図説 実験小動物の病気と病原体の検査法
 
   

著者: 齋藤 學

監修: 山本 孝史、小松 俊彦

発行: NPO法人 関西BS交流会

発行日:  2015年10月15日

判型: A4判

頁数: 364ページ

書籍コード: ISBN978-4-9908-5690-8

定価: 16,200円 (本体価格:15,000円)

カラー図説 実験小動物の病気と病原体の検査法 購入申込書

見本1
斎藤 学 実験小動物の本

見本2
斎藤 学 実験小動物の書籍

カラー図説 実験小動物の病気と病原体の検査法 購入申込書

  カラー図説 実験小動物の病気と病原体の検査法
 
   

著者: 齋藤 學

監修: 山本 孝史、小松 俊彦

発行: NPO法人 関西BS交流会

発行日:  2015年10月15日

判型: A4判

頁数: 364ページ

書籍コード: ISBN978-4-9908-5690-8

定価: 16,200円 (本体価格:15,000円)

 

  • 会長の挨拶
  • 交流会の目的
  • 会則
  • 運営委員
  • 実績(沿革)
  • アクセス
  • お知らせ
  • リンク集
  • お問合せ